ff0082e92bb79d735732d50395c2b3bb_m

理学療法士の可能性→患者様の可能性

Posted on Posted in 自分力

皆さんは日々の臨床で本気を出していますか?

『今日はこのくらいでいいか』

と思ってリハビリしていませんか?

それはなぜなのか?

 

① 病院や施設だと勝手に患者さんが来てくれる

患者さんが来てくれるのが当たり前になると

次回があるという余裕がでる。

 

② 保険があるから低価格

リハビリは保険適応になる為、

PTはお金をもらっている感覚がなくなる。

 

③ 固定給

どんだけ頑張っても、給料が一緒なので

臨床も勉強も頑張らなくなる。

 

僕もそうでした。

 

しかし、PTは第二の人生に関わる大切な仕事なのです。

自分の可能性を高めれない人は、

セラピストとしてどうなのかと思う。

だから、若手や学生はそういうセラピストを見てしまい、

モチベーション下がってしまうのです。。。

若手や学生の教育の第一としては

 

自分自身がやる気に満ち溢れ、楽しく、常に自分の可能性を高めることだと思う!

 

若手や学生をそういう姿を見ています。

 

僕の思う理学療法士とは

【患者様の可能性を最大限に引き出す】

ことだと思っています。

 

患者様は

本気です!

 

その本気に答えられるように

皆さんも自分の可能性を高めよう!

 

理学療法士の可能性→

患者様の可能性

 

ーーー岡田直樹ーーー