lgf01a201409072300

筋膜ラインどう活かすのか

Posted on Posted in 自分力, 評価治療力

いつもブログを読んで頂き

本当にありがとうございます。

株式会社フューア

代表取締役岡田直樹です。

 

筋膜ラインをどう活かすか。

 

365(関節の数)×650(筋肉の数)=232750
12(左右6つのライン)×2(伸張×短縮)=24

 

この数を見てどう感じるでしょうか。

アナトミートレインでいう筋膜の動きは

伸張と短縮の二種類しか動きはありません。

関節の数と筋の数を考えると

動かす箇所が多すぎるので時間がかかったり、

経験が必要だったりします。

 

圧倒的に筋膜ラインを理解してハンドリング

や治療して行くほうが結果も早いし、

粗大的にアプローチも出来るので仮説検証も

行いやすい印象があります。

 

9a6aeab57360387d955e4269586f2854-728x971

 

例えば中殿筋を立位で収縮させたいときに

ラテラルラインを活かします。

中殿筋と連結のある

大腿筋膜張筋を把持し下方に引き下げると

ウエイトシフトも誘導できるし、

骨盤下制方向にも誘導できるし、

中殿筋の収縮も促せます。

もちろん上部にアライメントに注意は必要ですが。

一度筋膜ラインを意識しながら

ハンドリングや治療に活かしてみては。

 

参考程度に筋膜セミナーの一部を挙げています↓

筋膜ラインをどう活かすのか

PS セミナー情報

1〜5年目までに知っておきたい

姿勢改善の為の評価と治療~筋・筋膜を中心に~

http://bext-sg.net/姿勢改善/

大阪会場:5/20(日)or6/1(金)
愛知会場:未定

1〜5年目までに知っておきたい筋膜の捉え方

〜触診と筋膜ラインから考える臨床推論〜

http://bext-sg.net/筋膜大阪/

大阪会場:6/10(日)
愛知会場:5/23(土) ※愛知会場のみ募集終了しました

1〜5年目までに知っておきたい疼痛の捉え方

〜筋・筋膜から考える腰痛リハビリと予防まで〜

http://bext-sg.net/疼痛の捉え方~筋筋膜・関節から考える腰痛リハ/

大阪会場:7/8(日)
愛知会場:6/24(日) 

 

特別講習会

・どの現場でも活躍できるリアルな

方法セミナー↓

https://activity.goopcondition.com/

 

講師依頼・質問等はこちらから

http://naoki-okada.net/contact/

 

岡田ツイッター

 

信元株式会社フューア情報

 

original (1)

ーNaOki Okadaー