dd070356af541f1f8919c460582e2b87_t

目標設定で気を付けていること

Posted on Posted in 自分力

いつもブログを読んで頂き

本当にありがとうございます。

株式会社フューア

代表取締役岡田直樹です。

 

先日のブログでも目標設定の大切さに

ついて書きましたが、

本日は岡田が意識している目標設定の

ポイントをお伝えできればと思います。

 

先日のヘイセラセミナーでも

目標設定について議題が挙がりましたが、

長期目標を決めて逆算して短期目標設定するのか。

短期目標から決めて一つ一つ

積み上げながら長期目標を設定していくのか。

 

僕が考える目標設定ポイントは

長期目標からの逆算で考えていく方法。

ですが、患者さんの情報が

あまりにも少ない場合は例外もあります。

基本情報やレントゲン・脳画像などなど

から予後予測を立てて具体的な目標を

セラピストと患者さんで決めていきます。

なので情報量があまりにも少ないと

予後予測が立てにくく、長期目標より

短期目標を明確にすることを優先します。

 

長期目標をどうやって決めていくのか。

①患者さんのHOPE・Wants

何を望み・何を希望しているのか、

まずここを問診で明確にすること。

 

②予後予測

セラピストは当たり前のように

していると思いますが、

基本的・医学的情報収集から

統合と解釈をして予後予測を考えます。

 

③イメージできるちょっと上を目指す

本日お伝えしたい一番のポイントです。

ダウンロード

山で考えると、

長期目標は山の頂上にあたります。

2合目・4合目・6合目など

短期目標を積み上げながら

頂上を目指して行くわけですが、

T-cane歩行自立を頂上としているなら

獲得した際にはそれ以上登るのは出来なくなります。

 

じゃあT-cane歩行自立を目指せるイメージが

出来るのであれば、独歩自立を頂上にすれば

T-cane歩行を通過点になります。

独歩自立をイメージ共有出来るのであれば、

小走りを頂上すれば独歩は通過点になります。

 

長期目標を決めるというのは

患者さんの可能性を広げる事も

狭めてしまう事もできてしまいます。

間違うともしかしたら出来ていたことが

出来ずに退院することも。

 

今日はこの本を半分読もう!

と目標設定したとしたら

一冊読める時間が十分あるのに

半分読んだからもういいかと

達成感に満足してしまうものです。

人は楽して生きたいものだから。

 

いつもブログやツイッターに

書いていますが臨床に正解はありません。

でも信じるしかないのです。

そこに根拠があり、

患者さんとのイメージ共有もしくは

伝えずともセラピスト側がしっかり

長期目標をさらに上の所を目指して

設定しリハビリしているか。

 

宣伝になってしまいますが、

そんな目標設定に必要なポイントを

3つお伝えさせてもらいます。

・どの現場でも活躍できるリアルな方法セミナー↓

https://activity.goopcondition.com/

昨年満員御礼のセミナー。

是非興味のある方は参加してみてください。

 

PS セミナー情報

ベクストエスジー

・1年目から5年目までに知っておきたいシリーズ

姿勢根本改善アプローチ(募集終了) 

腰痛・頚部痛根本改善アプローチ(大阪会場のみ)

筋膜の捉え方(大阪・愛知会場)

http://bext-sg.net

 

講師依頼・質問等はこちらから

http://naoki-okada.net/contact/

 

岡田ツイッター

 

信元株式会社フューア情報

 

ーNaOki Okadaー