31740019_2094576720772974_2750618526623465472_n

インソールを伝えたい

Posted on Posted in 自分力, 評価治療力

いつもブログを読んで頂き

本当にありがとうございます。

株式会社フューア

代表取締役岡田直樹です。

 

31740019_2094576720772974_2750618526623465472_n

先月大阪市のお客様から

インソール作製の依頼がありました。

主訴としては

・歩き方を変えたい
・バレーパフォーマンス向上
・身体の不調を取りたい
との事でした。

上記左の写真のように

右足で踏ん張る際に身体が右に傾き、

足の外側に体重が乗らない状態でした。

インソールのパット装着後は

右の写真のように少し傾きもマシになり、

右足の外側にも体重が乗り、

お客様からも始めて足の裏に体重が

乗っている感じがしたと

喜びの声も頂きました。

31723432_2094576727439640_1947754758064308224_n

↑ 作製時のパット誘導

unnamed

↑ 完成インソール

 

インソール作製を行ってから

約1年くらい経ちますが、

歩くと膝に痛みがあったお客様が

2万歩歩いても膝の痛みがなかった

足の疲れとむくみが減ったなど

喜びの声も多数頂いております。

 

このインソールの良さをたくさんの

療法士に伝えていきたいと思います。

形の決まったパットを足底に張り付け

評価を行っていきます。

もちろん数ミリ単位の調整が必要になりますが、

それだけで踵接地時の足部外側誘導や

片足立位・Knee in・外反母趾・偏平足等の

改善も見られます。

 

お伝えする内容:

・足部機能、歩行時のアーチ機能の低下が

どのような影響を及ぼすのか?

・ロッカーファンクションから見た歩行。

・足からみた予測的な運動制御の大切さ

・足部への疾患を抱える方の重心移動の軌跡を取りやすいか?

・物理的な形態的なアプローチ方法だけでなく、

関節適合面量の変化などからもたらせられる感覚的荷重における

重要性などインソールを使用することにより

なぜ効果的であるかなど、

インソールを使うことでもたらされる

効果やその機序を主に説明します。

 

後半は実際にパットを貼ることで足部の機能が

どう変わるのかの体験とインソール作製を行います。

ランジなどのテストにおける変化、

パットを貼った状態で歩行するだけで、

関節適合面量の変化が起き体幹の出力の変化や

痛みの変化も感じる事が出来ます。

取り扱い希望される方は登録方法や販売方法などの

自費で活動する為のノウハウも合わせてお伝えします。

 

34962590_2150300758538258_4840254879316312064_n

今月行われたインソールセミナーの様子↑

 

たくさんの要望もあり、

8月5日大阪市内で岡田直樹が講師を

務めることになりました。

6月下旬には申し込み開始となりますので、

是非、予定空けておいてくださいね。

 

 

PS セミナー情報

1〜5年目までに知っておきたい疼痛の捉え方

〜筋・筋膜から考える腰痛リハビリと予防まで〜

http://bext-sg.net/疼痛の捉え方~筋筋膜・関節から考える腰痛リハ/

大阪会場:7/8(日)※募集終了しました。

愛知会場:6/24(日) 残り1人

 

インソールセミナー

※本セミナー受講後代理店契約可能になります

大阪会場:8/5(日) ※8名限定

申込み6月下旬予定

 

講師依頼・質問等はこちらから

http://naoki-okada.net/contact/

 

岡田ツイッター

 

信元株式会社フューア情報

 

44

ーNaOki Okadaー

 


One thought on “インソールを伝えたい

Comments are closed.