どこを目的として設定するのか

Posted on Posted in 自分力

いつもブログを読んで頂き本当に

ありがとうございます。

株式会社フューア

代表取締役岡田直樹です。

 

セミナー休憩中のセラピストの会話。

『家帰ってもやる事ないんだよな。

とりあえず車買ったら家出るようになるから買う事にした。』

 

例えば車を買って最初は嬉しくて

出掛ける
ようになるかもしれないが多分最初だけ。

車を買う事が目的ではなく出掛ける事が

目的ならば出掛ける目的を最初に作るべき。

 

目的の例としたら彼女を作るとか。

そしたら彼女を作る為にまず合コン。

その前に外見磨きか。内面磨きか。

 

その辺は人によりますが、

まず目的を明確にして行く事がポイントです。

彼女を作る為に車が必要なのだ。

でしたら買う意味や一貫性もでるので

オッケーなのではないでしょうか?

 

患者さんでも痛みを取りたいのが

目的になっている人、

もしくはそう決めつけてしまっているセラピスト。

痛みの先に何が目的なのか。

その目的を達成する為に痛みを取る訳です。

ここを間違えると評価・治療も意味無くなりますね。

 

 

講師依頼・質問等はこちらから

http://naoki-okada.net/contact/

 

岡田直樹ポートフォリオサイト

 

岡田ツイッター

 

発信元株式会社フューア情報

 

ーーーNaOki Okadaーーー