言い過ぎは逆効果に

Posted on Posted in 評価治療力

いつもブログを読んで頂き本当に

ありがとうございます。

株式会社フューア

代表取締役岡田直樹です。

 

先日プロゴルファーのカラダメンテナンスを

グッポで行いました。

 

理学療法士・ピラティスインストラクター

という知識を絞り出してプロにどのくらい貢献出来るか。

もちろん理学療法士として携われる分野は

カラダの基盤づくりがメインでパフォーマンスレベルは

トレーナーの方が圧倒的に知識が豊富。

 

ただ、カラダの基盤がないと全て崩れてくるので

一番大切な立ち位置で責任重大かもしれませんね。

 

あとどれだけゴルフに直結できるようにキューを出せるか。

提携させてもらっているドクターから

『今の理学療法士さんは細かい所まで患者さんに言い過ぎ』

と言われたことを思い出しました。

キューを出す時も具体的に言いたくなることや

あれもこれもとなるがどこを目的にしているかをしっかり聞き、

その目的に合わせて具体から抽象にどう落とし込み伝えるか。

下手に知識があると言い過ぎる

傾向にある人が多いので注意ですね!

 

講師依頼・質問等はこちらから

http://naoki-okada.net/contact/

 

岡田直樹ポートフォリオサイト

 

岡田ツイッター

 

発信元株式会社フューア情報

 

ーーーNaOki Okadaーーー