S__60760110

動作パターンを変えることが出来るのか?

Posted on Posted in 評価治療力

こんばんは。

 

いつもブログを読んで頂き本当に

ありがとうございます。

株式会社フューア

代表取締役岡田直樹です。

 

 

約1年半ぶりにゴルフを再開しました。

全くと言っていいほどゴルフクラブを

握っていませんでしたが、

案外カラダは覚えているものですねw

すぐに打てるように!

 

しかし、右方向に打球が飛んでしまうパターンは

どうしても直っていませんでした。。。

 

 

これって患者さんも同じではないでしょうか?

外傷・OPE後などの急性期には

末梢からの感覚低下などの様々な要因で

カラダの使い方がわからなくなっています。

 

 

 

歩いていて足の小指を壁などにぶつけて

うずくまった経験はありませんか?

 

 

ぶつけると炎症が起こり、

体重を乗せると痛いため

びっこを引いて歩く(逃避性歩行)

などの戦略を取るといつもと違う歩き方になります。

 

 

いつもと違う歩き方が長いこと続いてしまうと

何が正しくてどのように歩いていたかのかが

わからなくなります。

 

 

このわからなくなる

ということが患者さん起こっているのです。

要はエラーパターンです。

 

 

その時にどう関わっていくのかが

我々セラピストの力量になるのではないでしょうか?

続きはメルマガでお話ししています。

http://fua.heisera.net/

ゴルフを通じて

改めて最初の関わりが大切だと感じた一日でした。

 

ーーーNAOKI OKADAーーー

 

筋膜セミナー一覧

4/9大阪筋膜概念触診シリーズ

http://bext-sg.net/筋膜概念触診in大阪/

4/23愛知筋膜概念触診シリーズ
http://bext-sg.net/筋膜概念触診in愛知/

6/11大阪筋膜姿勢体幹シリーズ

http://bext-sg.net/筋膜姿勢体幹n大阪/

6/25愛知筋膜姿勢体幹シリーズ

http://bext-sg.net/筋膜姿勢体幹in愛知/

皆様にお会いできることを楽しみにしております。

 

講師依頼・質問等はこちらから

http://naoki-okada.net/contact/

 

岡田直樹ポートフォリオサイト

 

発信元株式会社フューア情報