ecf9900f9a469fc7e46bfd92a1e99476_s

体幹の出力をあげるには

Posted on Posted in 評価治療力

いつもブログを読んで頂き

本当にありがとうございます。

株式会社フューア

代表取締役岡田直樹です。

 

体幹をどう見るか?

どう体幹へのアプローチするか?

体幹が使えるための

環境作りが大切だと思います!

 

例えばリブがなぜフレア

しているのかを考えます。

疾患から?

人生の歴史・背景から?

観察、触診を行い

アプローチをしてみる。

また仮説検証を行う。

 

リブフレアの治療の例

腹部リリース・横隔膜のリリース

脊柱周辺への関節アプローチで

体幹部分の歪み解消

→リブの上方回旋を抑制する為

前鋸筋・斜角筋のリリース

→リブを落とした状態で呼吸もしくは

腹部のトレーニング。

 

中枢部のモビリティから促すべきなのか、

スタビリティから促すべきなのか

その患者さんの効果の出る方から

やったらいいと思います。

 

個人的にはまずはスタビリティを促す為の

モビリティ作り+感覚入力をどれだけ

してあげれるかが即時性が持続性かの

ポイントになる。

 

体幹をどの切り口からアプローチしていくのか。

ベクストエスジーで筋膜からみた

体幹の捉え方もお伝えしています。

・1年目から5年目までに知っておきたいシリーズ

姿勢根本改善アプローチ(募集終了) 

腰痛・頚部痛根本改善アプローチ(大阪会場のみ)

筋膜の捉え方(大阪・愛知会場)

http://bext-sg.net

 

PS セミナー情報

特別講習会

・どの現場でも活躍できるリアルな

方法セミナー↓

https://activity.goopcondition.com/

 

ベクストエスジー

・1年目から5年目までに知っておきたいシリーズ

姿勢根本改善アプローチ(募集終了) 

腰痛・頚部痛根本改善アプローチ(大阪会場のみ)

筋膜の捉え方(大阪・愛知会場)

http://bext-sg.net

 

講師依頼・質問等はこちらから

http://naoki-okada.net/contact/

 

岡田ツイッター

 

信元株式会社フューア情報

 

original (1)

ーNaOki Okadaー