5eda671bf5071f3e327b66f5140606f2_s

ゆるめるだけゆるめて。。。

Posted on Posted in 評価治療力

 セラピー場面で感じること。

 

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

 

皆さんおはようございます。

今日は理学療法士として感じたことを書きます。

 

当たり前のことかもしれないですけど、
当たり前のことが出来なくなっている
セラピストも多くなっているのが
現状です。

 

そんな当たり前のこと書いていますが、

少しでも参考になればと思います。

 

 

最近筋肉を緩めるテクニックが多いですが、

本当にその筋肉を緩める必要はありますか?

何でもかんでも緩めていいものか。。。

硬いからといって緩めるのは根本の解決になりますか?

 

 

なぜ、その筋肉が硬くなったのかを

考えないけないのです。

 

 

無題

 

この姿勢をみてどう感じますか?

 

傾いていることはわかりますよね?

 

無題1

 

やじるしの方向に身体が倒れてきます。

 

無題2

 

そしたら、倒れないように

ロープを張ります。

 

 

 

まさか。。。

 

そのロープを緩めてないですか?

 

 

緩めてしまうと余計にカラダが倒れてきますよ。

関節がルーズになってしまいますよ。

痛みが強くなってしまいますよ。

 

代償できる患者さんは、

違うロープを張る戦略に出ます。

また緩めたら、

また違うロープを張ります。

 

その繰り返しになって

結局根本が改善せず、

患者さんの時間を無駄にしていないですか?

 

 

なぜ倒れているか?

その根本を考えないことには

姿勢・動作は変わりません。

 

当たり前のことですが
忘れがちになっていませんでしたか?

 

さぁ今日も一日頑張りましょう!

 

 

ーーー岡田直樹ーーー

 

PS
コンサル・コーチング・講師・パーソナルピラティスの依頼・お問い合わせ
http://naoki-okada.net/business/

 

①超少人数体幹セミナー
体幹機能向上の為の運動療法
②満足度90%以上の【筋膜の捉え方~初めての筋膜~】
第4回筋膜触診セミナー
③超少人数ピラティスセミナー
第3回ピラティス×腰痛セミナー