5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

高い視点から物事を捉える

Posted on Posted in ビジネス力

皆さんこんばんは。

 

あるセラピストから

「自己分析する為にどうしていますか?」

このような質問がありました。

 

岡田はもう一人の自分を作り出して

自分に問いかけることを心がけています。

 

メタ認知能力といいます

 

メタ認知の「メタ」とは「高次の」という意味です。

つまり、認知(知覚、記憶、学習、言語、思考など)

することを、

より高い視点から認知するということです。

メタ認知は、何かを実行している自分に頭の中で働く

「もう一人の自分」と言われたり、

認知についての認知といわれることがあります。

 

 

628ff54084c01e0411e384a63e81c93e-720x540

 

 

もう一人の自分を作り出すことによって

客観的に物事を捉えて分析すること。

そしてそれを頭の中だけで

満足せずに、書き出すことが重要だと思います。

 

 

もう一つ大切なことは

より高い視点から認知!

 

これができてくると

上位概念で物事を捉えることができるので

焦りがなくなり、余裕が生まれます。

 

余裕が生まれると

仕事の効率性も上がり、

行動にもつながります。

 

行動することによって

結果が出ます。

 

結果が出るようになってくると

高い視点から認知能力が向上します。

 

 

メタ認知能力を高める!

 

もう一人の自分を

作り出して常に自分に問いかけることから

始めてみてください。

 

 


岡田セミナー情報↓↓↓
満足度90%以上の【筋膜の捉え方~初めての筋膜~】
第5回筋膜触診セミナー大阪会場
筋膜触診セミナー愛知会場(残り1人)
超少人数ピラティスセミナー
スタビリティ&モビリティの概念から腰痛・頚部痛の改善を図る
平成セラピストへのアンケートご協力(約3分で終わります)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f3e305d7431297

 

 

ーーーNaoki Okadaーーー

 

PS
コンサル・コーチング・講師・パーソナルピラティスの依頼
http://naoki-okada.net/business/