0eb08e9bb67dfec5564d241ad4a854c3_s

誰から意見をもらうかが大切

Posted on Posted in ビジネス力

誰から意見をもらってますか?

 

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

 

一昨日から38〜9度の熱が出て

さすがに今日は家で大人しくしてました。

それでも仕事場に顔出しましたがw

自分が倒れた時に

収入が入るシステムがないと

不安ですよね。

それを改めて感じた2日間にもなりました。

 

長期的な基盤が大切ですね。

 

 

さて誰から意見をもらうか考えたことありますか?

 

実はここが大切なポイント!

ビジネスの観点でも臨床の観点からでも。

岡田も前まではほとんど

考えたことがありませんでした。

人それぞれ何を持って凄いとか価値があるとか

感じ方は別ですが、

 

億単位を動かしている人+同世代の人

 

このような人たちはスケールが違います。

見ている景色も違います。

 

自分に持っていないスケールを

見せてくれる人は

痛みを感じさせてくれます。

痛みをちゃんと受け入れるように話してくれます。

 

そうでない人は同情しすぎたり、

あんまり意見を言わなかったりで

快楽に走ってしまいます。

そうすると人は満足して成長が止まってしまいます。

 

だからってそういう人達とは中々出会えませんよね。

特にセラピストでは僕が知るかぎり数人。

 

臨床でもこの患者さんのこういう所わからない。

例えば歩行中の骨盤の動揺がなかなか取れませんが

先輩はどのようにして評価・アプローチしていますか?

意見を聞く人を間違えてしまうと

『今のままでいいと思うよ!』

ちょっと極端ですが結構あるあるです。

完全に快楽に走ってますよね。

あと結果をすぐ聞きたがるのも良くないです。

思考力も停止していきますから。

 

 

『まず◯◯さんはどのうように評価・アプローチしてますか?』

『なんでそういう風に考えたの?』

『じゃあこういう勉強したら?』

あくまでもきっかけ(ヒント)を与え、

痛みを受け入れ、

考えさせるような思考にもっていきます。

 

ここで大きく成長への伸び率が

変わってしまうことがわかると思います。

 

さぁあなたは誰に意見を聞きに行きますか?

 

 

ーーー岡田直樹ーーー

 

PS
コンサル・コーチング・講師・パーソナルピラティスの依頼・お問い合わせ
http://naoki-okada.net/business/

 

 ①超少人数体幹セミナー
体幹機能向上の為の運動療法
②満足度90%以上の【筋膜の捉え方~初めての筋膜~】
第4回筋膜触診セミナー
 ③超少人数ピラティスセミナー
第3回ピラティス×腰痛セミナー