何事も一貫性を持つこと

Posted on Posted in ビジネス力

いつもブログを読んで頂き本当に

ありがとうございます。

株式会社フューア

代表取締役岡田直樹です。

 

愛車レクサスの点検へ!

待ち時間のラウンジの居心地さがいい。

一流は理念と人・空間の一貫性がある。

飲食店でも高級をコンセプトにしてると言いながら

安っぽいホームページや接客が悪い、

壁が古臭くトイレが汚いなど

一貫性がないと人は入らないしリピートしない。

何事も一貫性が大切。

臨床でもせっかく評価しているのに

全く評価と関係のない治療をしてしまってる人が多い。

それはなぜを考えていない評価だからだと思う。

全ての思考はなぜから始まる。

why→what→howto

評価と治療が繋がらない

→なぜから評価をスタートしていないから。

まず何事も疑問に思うこと、

一貫性があるか疑問に思うこと。

そっからがスタートライン。

講師依頼・質問等はこちらから

http://naoki-okada.net/contact/

 

岡田直樹ポートフォリオサイト

 

岡田ツイッター

 

発信元株式会社フューア情報

 

ーーーNaOki Okadaーーー